お金を借りる 目的

お金を借りるならこの会社!目的にあった選び方

MENU

すぐに借りたい!

キャッシングというと、スピード審査にスピード融資…というイメージがあります。たしかにその日のうちに融資してくれるキャッシング会社もありますが、なかには2〜3日といった時間がかかるところも…。急にお金が必要になった…という場合は、融資がどれくらいのスピードでおこなわれるのかきちんとチェックしておきましょう。
キャッシング会社の中でも、特に融資のスピードが速いのは以下となります。

 

「アコム」
業界の中でも知名度はダントツ!Webで簡単に即日融資を受けることができます。その審査は数秒で終わるほど簡単なものとなっています。

 

「モビット」
電話連絡や郵便物での確認…といった手間を省く事ができるWebでの申し込みサービスも人気。平日の14時50分までに手続きを完了させることで、即日融資が可能となります。

 

「プロミス」
メールアドレスとWeb明細利用を登録するだけで、30日間の無利息サービスを受けることができます。女性オペレーターが対応している女性専用ダイヤルがあり、抵抗感が強い女性もサービスが受けられやすいようにしています。

 

上記の3社は、いずれも知名度が高いキャッシング会社。カードローンで必要なカードを事前に作っておく事で、いつでもお金を借りることができます。とはいえ、初めての人で急いでいる場合では、そんなことをしている暇はなく…。それならばWebでのスピード審査のほうが便利です。即日融資を狙うのであれば、平日の14時までに…できれば午前中には申し込むようにしておきましょう。


なるべく金利は少なく借りたい!

なるべくなら金利は低いほうがいい…それは誰もが願う事ですね。金利は借りたお礼ともいえるものですが、あまり高すぎても困りもの。金利の高さが原因で返済が苦しくなってしまった…なんて本末転倒です。キャッシング会社のなかでも、金利が比較的低くなっているのは、以下のような会社が挙げられます。

 

「オリックスカードローン」
実質年率は3.0〜17.8%と、この数字は業界でも最低水準といえるものです。また、限度額が800万円と高いのも注目すべきところです。基本的には100万円までの借り入れに収入証明書の提出は不要となっていますが、審査の結果次第では必要となる場合もあります。その返済方法は残高スライドリボルビング方式です。

 

「楽天銀行カードローン」
実質年率は4.9〜14.5%と、比較的低金利で借り入れもしやすいものとなっています。限度額は1万から500万円となっており、基本的には200万円までの借り入れに収入証明書の提出は不要となっていますが、審査の結果次第では必要となる場合もあります。その返済方法は残高スライドリボルビング返済、もしくは元利込定額返済。なお、新規の人の場合は前者の残高スライドリボルビング返済となります。

 

「プロミス」
実質年率は4.5〜17.8%ですが、メールアドレスとWeb明細利用の登録で30日間の無利息めービスを受けることができます。限度額は1万から500万円となっており、基本的には50万円までの借り入れに収入証明書の提出は不要となっていますが、他のキャッシング会社からの借り入れがあり、合計で100万円を越すようであれば必要となります。